持続可能な素材を考えてみよう

2022.11.23

持続可能な素材を考えてみよう

「一歩を踏み出すことが大切!」環境に配慮した行動もその一つです。
BAMLEE商品はひとつひとつの商品が環境保全に繋がっています。何も特別なことをする必要はありません。いつもの商品と置き換えるだけで良いのです。その行動が環境につながり、持続可能なサイクルへと繋がります!

BAMLEEがおすすめする自然素材3選をご紹介します。

これは一体何の皮?

皮といえば何を想像しますか?硬くてゴツゴツしている、使い込むほどに馴染むなど動物の皮を想像しますよね。漢字は同じ皮ですが、竹の皮は植物の皮なんです!
動物の皮同様、硬くてゴツゴツしていて、竹の皮として使えるようにするには「なめす」工程が必要になります。

そんな竹の皮を使用した商品です。中に芯などを入れておらず純粋に竹の皮のみで構成されています。その為、容器に水を入れた状態にしていると竹の皮の状態に戻ります。

竹の皮は特殊な蠟質素材で出来ていて通気性抜群!この機能を利用し電子レンジや冷凍保存にも対応しています。また、竹の皮は竹が成長する段階で幹からポロっと取れて地中に落ちます。まさに持続可能な素材なんです!

たけのこ写真

お弁当写真

パンダも食べてしまう「アレ」

 笹はご存じですか?笹はイネ科タケ亜科に属していて竹なんです!意外ですよね。
皆さんが、良くみるシーンとしてはパンダのお食事で度々登場しているアレです。
パンダがなぜ笹を食べるかについては割愛しますが、1年を通して枯れることのない事も理由のひとつのようです。

 笹といえば昔から包む文化が発達しています。冷蔵庫の無かった時代、通気性があることで抗菌性や防腐能力に優れた笹の葉は食材を長持ちさせる素材として重宝されたようです。いまでも、地域の特産品やちまきなどで重宝されています。
もちろん、使い勝手もよく蒸したり、レンジ、冷凍も対応しています。
また、成長スピードが速く、木に比べあっという間に成育します。持続可能な素材という訳です。加工もしていない100%自然素材。切ったり、敷いたりと使い勝手は抜群です。

竹林の写真

ちまきの写真

乳酸菌の力ってなに?

乳酸菌はヨーグルトや乳製品のイメージがありませんか?
実はこの乳酸菌。竹にもあるのです!自生している竹を微粉末に粉砕。竹の組織にはポーラス状の穴があいていて、それが消臭や浄化効果を上げることに役に立っています。
その竹の組織を壊さず微粉末にして乳酸発酵させたものが竹の粉です。

これまで紹介した2つは主に包むものとしての部分ですが、竹の粉は作物を育てるための商品!微生物を活性化させ、悪玉菌を抑制させる効果があります。

そして何といっても主原料は100% 天然の竹。竹は成長スピードが速く、冬でも枯れない素材。しなやかで力強い素材。まさに持続可能。化学肥料ではなく、自然の肥料で環境にも配慮しています。

竹林の写真

竹の粉の写真

いかがでしたか?
包むことから育てることまで竹を通して持続可能な活動が可能になります。いつもの容器やいつもの資材、いつもの肥料から少し変えただけでも環境につながります!
エコ活動はいつでもそばにあります。思い立ったらクリックしてみてください。

メニュー 本体 ふた
竹皮プレス容器 197×121×35 200×124×20
生笹M 300〜320×80〜90  
乳酸菌入り竹パウダー 5  

ページトップへ